レイク増額

新生銀行レイクを利用している方の中には、

 

 「もう少し限度額があればいいのに・・・」

 

と考えている方もいると思います。

 

レイクの増額は、自動契約機・レイクATM・フリーダイヤルなどで申込むこともできます。

 

しかし、レイク増額には、一定のリスクもありますので、その危険性について理解した上で申請する必要があります。

 

 

■レイク増額のリスクとは?

 

レイク増額を検討している方の中に、

 

 「何度かレイクの返済に遅れた」

 

という方がいます。

 

そのような状況で増額申請をしてしまうと、増額が認められないだけでなく、かえって限度額が減らされてしまうこともあります。

 

また、他のローンが増えていたり、携帯料金の延滞などもある場合は、

 

 一時的なカードの利用停止

 

ということもあります。

 

レイクの増額審査は、認められることもありますが、

 

 ・認められずに現状維持
 ・利用限度額の減額
 ・カードの利用停止

 

などもある点に注意が必要です。

 

 

■それでも増額が必要なら!

 

それでも「増額」が必要な事情があるなら、レイクの増額ではなく、他のカードローンへの新規申込がおすすめです。

 

他社のカードローンに申込めば、最悪の場合でも、現在のレイク限度額は維持できます。

 

審査にとおれば増額とおなじ効果があり、とおらなかったとしても「リスク0」なので安心です。

 

現在利用中のカードの増額が必要なときは、他社のカードローンへの申込みも含めて検討するようにしてください。

 

 

■避けた方がよいカードローンとは?

 

レイク以外のカードローンの申込みで避けた方が良いのは、消費者金融の「ノーローン」です。

 

ノーローンは、新生銀行グループの消費者金融ですので、申込んでしまうと、すぐにレイクに知られてしまいます。

 

消費者金融に申込むなら「プロミス」や「アコム」、銀行カードローンなら「オリックス銀行カードローン」、または、三菱東京UFJ銀行「バンクイック」がおすすめです。

 

とくに銀行カードローンなら、収入証明なしでの高額融資もできますので、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

更新履歴